48:男前(by 匠真)

安倍先生と共にクライアントとお会いすることも増えてきた。

クライアントが、
「ずっと誰かに言われたかったこと。でも誰一人として言ってくれないこと。」
これを何も臆することもなく、ためらいなく言いきってくれるのが
先生なのだと気付いた。

耳の痛いことであれ、その方が深層心理で求めていることであれ、
立場的に誰も物を申してくれなくなった人であれ、
先生には何も関係無く、
「その人!」しか見ていないからなのだと思う。

僕は、「その人」プラス「その人に関わるデータ」を見てしまう宿命だ。

一長一短はあるけれど、データを瞬時にこねくり回してしまう僕にとっては、
こんなに真っ直ぐ、小細工なしに丸腰で向かっていく姿は、
シンプルに格好いいと思う。

 

 

--------------------------------------------------------------------------
   特殊能力者による未来創造 CACAT >
--------------------------------------------------------------------------